ウォーターサーバーの比較・業務用

業務用ウォーターサーバーのコスト比較

 

以前は病院や薬局の待合室でしか見なかった業務用ウォーターサーバーですが、最近は、会社の休憩室やロビーでの設置例が増えています。

 

業務用ウォーターサーバーを、コスト面で比較してみます。
業務用ウォーターサーバーの水の消費量は、従業員20人で、12リットルボトル月15本が目安。ほとんどの業者は、配送料無料です。
ボトル15本でコスト比較すると、
RO水で、アルピナ15,525円、コスモ17,955円、アクアクララ19,950円。
天然水で、うるのん26,250円、クリティア26,775円、コスモ27,720円。
RO水の比較では、アルピナが15リットルボトル1本あたり995円、と最安値。
ただし、ウォーターサーバーのレンタル料月600円が掛かります。
コスモはレンタル無料、アクアクララは1,050円。
天然水の比較では、うるのん、クリティア、コスモともレンタル代無料。
天然水よりRO水の方が価格が安いのも特徴です。

 

この先、業務用ウォーターサーバーを目にする機会、場所は増えそうです。

 

 

大量注文コストを考慮する

 

業務用のウォーターサーバーを導入する企業が増えているようです。

 

従業員の福利厚生、来客用に…。

 

 

 

業務用となると、家庭用とは違った観点で選ばなくてはなりません。

 

コスト面は当然重視されますし、毎日大量の水を消費する前提で考えます。

 

ある比較サイトでのおすすめは、コスモウォーター、アクアクララ、オーケンウォーターなど。別の比較サイトではアクアクララ、アルピナ、クリクラなどが押し。家庭用で評判が高いウォーターサーバーは、業務用でも人気ですね。

 

 

 

コスモウォーターはレンタル料無料で、12リットルボトルを月4本以上注文すると1本1,197円とお得になります。

 

業務用では、大量注文が値下げに繋がるので、その観点からの比較をおすすめします。